日本、被爆量上限が引き上げに

© Sputnik / Ilya Pitalev / フォトバンクに移行日本、被爆量上限が引き上げに
日本、被爆量上限が引き上げに - Sputnik 日本
日本は原発で過酷事故が起きた際にその収集作業に従事する労働者の被爆量の上限を100ミリシーベルトから250シーベルトに引き上げた。ロシアのメディアが日本原子力規制委員会の発表を引用して報じた。

同委員会の田中委員長はこれについて、自然災害によって引き起こされた原発事故を場合を想定したものと説明。新たな被爆量上限は2016年4月に発効。

日本では2011年3月11日の原発事故直後、原発作業員の年間被爆量を100ミリシーベルトから250ミリシーベルトに引き上げられていた。ところが2011年12月には再び元のレベルまで引き下げられている。被爆量の見直しについて専門家らの間からは3箇所の原発再稼動に向けての動きという声が上げられている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала