東京駅で女性の遺体が入ったスーツケースが見つかる

JR東京駅のコインロッカーにあったスーツケースの中から、高齢の女性の遺体が見つかった。

スーツケースは、約1か月に東京駅のコインロッカーに鍵のかかっていない状態で入っているが見つかり、ロッカーの管理会社が保管していたが、期限が過ぎたため開けたところ、遺体が入っていたという。

ロッカーの管理会社の担当者は、開けた時に異臭が漂い、髪の毛が見えた、と語った。

なお伝えられたところによると、女性は70-90歳、身長は140センチくらいで、スーツケースの高さは70センチ、幅は50センチだった。

警察は、遺体の身元確認を急ぐとともに、死体遺棄事件として捜査している。

 

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала