登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

サウジを筆頭とするアラブ連合軍 イエメン攻撃の際、非人道的なクラスター爆弾を使用

© REUTERS / Khaled Abdullah首都サナアが空爆によって破壊
首都サナアが空爆によって破壊 - Sputnik 日本
フォローする
国際人権組織「Human Rights Watch」は、アラブ諸国の連合軍が、イエメン攻撃の際、非人道的なクラスター爆弾を使用している証拠を示した。

イエメン協議:ハーディー大統領は交渉開始前に当事者らへの恐喝を始めていた - Sputnik 日本
イエメン協議:ハーディー大統領は交渉開始前に当事者らへの恐喝を始めていた
人権組織の報告書によれば「5つの異なった場合に、3つのタイプのクラスター爆弾が用いられた」との事で「すべて住民居住区の近くで使用され、少なくとも、そうした攻撃の一つはサウジアラビアが行ったことがはっきりしている。爆弾は空中から投下された。この地域ではサウジ当局以外、空軍を使っていない」。

クラスター爆弾の特徴は、その爆裂力の巨大さで、爆発すると、中に仕込まれた弾薬により、金属片が方々に飛び散り、それを浴びた人々は極めてひどい傷を追う。その範囲は、ほぼサッカー場一つ分に等しい。そしてもし爆発しなかった場合でも、中身は地雷として残り、爆弾投下後1年たっても爆発する可能性がある。そのためクラスター爆弾の犠牲者の98%が、兵士ではなく、一般市民や子供達だ。

クラスター爆弾の使用は、2008年の条約により禁止された。この条約には116カ国が署名したが、サウジアラビアは、その中に入っていない。

国際人権組織「Human Rights Watch」は、米国を含め、サウジアラビアを支援する国々に対し、クラスター爆弾の使用を強く非難するよう呼びかけている。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала