日本でまた情報流出:今回は東京証券会議所から約1万2000人分の個人情報

© AFP 2022 / Yoshikazu Tsuno日本の社員
日本の社員 - Sputnik 日本
東京商工会議所は、職員が使用しているパソコンがコンピューターウイルスに感染して、およそ1万2000人分の個人情報が流出した可能性があると発表した。

東京商工会議所の高野秀夫常務理事は記者会見で、「多くの方々にご迷惑とご心配をおかけした。セキュリティー対策が不足していたと言わざるをえず、深くおわび申し上げる」と陳謝した。朝日新聞が伝えた。

東証の会員企業や、セミナー参加者などおよそ1万2000人分の氏名、住所、メールアドレスなどが流出した可能性があるという。東商は警視庁に相談し、調査が行われている。

伝えられたところによると、事務職員が使用するパソコンが、メールに添付されたファイルなどを開いてウイルスに感染させる標準型攻撃メールで感染したという。

警察は、サイバー攻撃の可能性があるとみている。

なお現在のところ、情報流出による被害は伝えられていないという。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала