オーストリア諜報局元長官:ドイツは今も米国に占領されている

© Flickr / Harald Henkelオーストリア諜報局元長官:ドイツは今も米国に占領されている
オーストリア諜報局元長官:ドイツは今も米国に占領されている - Sputnik 日本
米国の諜報機関はドイツで融通無碍に活動している。あたかもドイツは、かつて反ヒットラー連合を形成した西側諸国に、未だに占領されているかのようだ。ドイッチュ・ヴィルトシャフツ・ナハリヒテンのインタビューに対し、欧州を代表するテロ対策・諜報・産業スパイ専門家で、オーストリア連邦対テロ作戦・国家防衛庁創設者にして元長官、ゲルト・ポッリ氏(Gert R.Polli)が述べた。

米国は稚拙なアジア政策で 中国を挑発している - Sputnik 日本
米国は稚拙なアジア政策で 中国を挑発している
氏は次のように述べた。

米NSAがドイツに対し大規模諜報を行っていたことを示す「スノーデン・レポート」に対し、ドイツ政界は憤激した。憤激は真率なものであった。しかしそれも、今のところは、ただの空吹かしに終わっている。メルケル首相のイニシアチブで、米国と「対諜報」合意が結ばれようとしたが、いつの間にか頓挫してしまった。首相の電話通信の盗聴をめぐる捜査も、証拠不十分として、停止されてしまった。結局ドイツでは、通信の秘密というものは、事実上廃止されてしまったのであり、政府は、さらなる情報漏洩を防ぐための措置を何ら講じることなく、2年間を徒過した。その証拠に、先日、議会のコンピューターに攻撃が仕掛けられた。

ドイツにおいては、米国の国家安全保障局(NSA)と、英国の政府通信本部(GCHQ)が、諜報に従事している。ドイツ連邦情報局(BND)のゲルハルト・シンドラー長官によれば、それは、ドイツの諜報機関の活動が米国および英国の諜報機関に依存しているからである。

日本の岸田外相 - Sputnik 日本
今秋の岸田外相の訪ロ検討に入る しかし、米国の許可待ち
ところでドイツの防諜は今も、主に「東」志向である。誰の工作から国を守るかと言えば、昔ならソビエト、今ならロシアである。そのロシアの諜報員たちは、ドイツにおいて、米国の諜報員と比べ、常に、より慎重で、よりプロフェッショナルだった。それなのにドイツの特務機関は、習慣的に、米国にこそ、排他的な協力を求めてきたのである。

同盟諸国の諜報機関の活動のあり方から見れば、ドイツは今も「占領された国」なのである。

オーストリア連邦対テロ作戦・国家防衛庁の元長官、ゲルト・ポッリ氏は以上のように述べた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала