米国人記者:ロシア圧迫は西側の「冷酷な性格」の発露

© AFP 2022 / Joe Davila米国人記者:ロシア圧迫は西側の「冷酷な性格」の発露
米国人記者:ロシア圧迫は西側の「冷酷な性格」の発露 - Sputnik 日本
英国のハモンド外相が、「英国は国内に米国のミサイルを配備させる用意がある」と発言した。このことは、西側の対ロシア政策が、「ロシアによる侵略」を訴えて自らの真の意図を隠蔽する、という最重要原則に基づいて行われていることを、改めて示した。米国のジャーナリスト、フィニアン・カニンゲム氏はそう書いている。

同氏は次のように述べている。

米国に言わせれば、ロシアは、1987年にソ連と米国の首脳によって調印された、短・中距離ミサイル撤廃条約を蹂躙している。それへの報復上仕方なく、米国は自らの先制核攻撃システムを欧州諸国に配備するのだ、ということだ。

英国政府としては、ミサイルの受け入れを検討することそれ自体が、無分別で、挑発的なことだ。ミサイル受け入れへの同意は、冷戦終結前に発効した、ミサイル配備に対する禁止を、無効にしてしまう。

ロシア外務省:米国の欧州戦略は自己増殖を始めるかも知れない - Sputnik 日本
ロシア外務省:米国の欧州戦略は自己増殖を始めるかも知れない

西側の高官たちは、虚偽情報と偏見によって、国際情勢を軍事的に緊張させている。米・英の政治家たちは、ロシアが「非対称的な軍事ドクトリン」を用いているだとか、ウクライナ紛争に関するミンスク合意を違反しているだとかと騒ぎ立て、ロシアに対するヒステリーを続けている。彼らは何も、確度の高い根拠など持っていないのである。マスメディアの婉曲語法を転用しているだけである。

米国も英国もNATOも、短・中距離ミサイル撤廃条約違反その他、「欧州諸国に脅威をもたらしている」ロシアのあらゆる行動について、ただひとつの有力な証拠も提出していない。

西側のリーダーたちの言葉と対照をなすのが、先日行われた、ウラジーミル・プーチン氏に対するイタリア紙コリエレ・デラ・セラのインタビューである。ロシア大統領は語った。「健全な理性を持っている人なら、この時代に大規模な軍事紛争を想像することなど出来ない」。そして、改めて、「ロシアは欧州の安全保障について最重要な問題、たとえばMD欧州配備について、いつでも対話に応じる用意がある」と強調した。ひるがえって、どうして米国や英国のリーダーたちは、世界情勢を解釈するに際し、「敵」「脅威」「侵略」というタームを使い続けるのだろう。

その答えは、西側の政治家らの、「冷酷な性格」に求められる。彼らはその性格によって、「共通の脅威」というイメージの背後に自らのヘゲモニー志向を隠し、自ら行う破壊的戦闘行為や侵略行為から注意をそらし、または責任を他に転嫁するのである。

米国のジャーナリスト、フィニアン・カニンゲム氏は以上のように記している。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала