マケイン上院議員「キエフ当局への武器供与拒否は米国史上最も恥ずべき1ページ」

© AFP 2022 / Brendan Smialowskiマケイン上院議員「キエフ当局への武器供与拒否は米国史上最も恥ずべき1ページ」
マケイン上院議員「キエフ当局への武器供与拒否は米国史上最も恥ずべき1ページ」 - Sputnik 日本
米アリゾナ州選出・共和党のマケイン上院議員は「ウクライナへの武器供与拒否決定は、米国の歴史における最も恥ずべき1ページだ」と述べた。インターネット・リソースBuzzFeedが伝えた。

マケイン上院議員は、ラジオ番組The Cats Roundtableに出演した中で「プーチン大統領がウクライナをバラバラにしようとしている時に、この人々に武器を保障できない事は、米国史における最も不名誉な一章だと、どうか言わせてほしい」と述べた。

またマケイン上院議員は「米国にとって、そうした振る舞いは、恥ずべきものだ」と指摘し、次のように続けた―

「第二次世界大戦後初めてあのような事が起きている。ウクライナの人々は、米国人が彼らの土地を踏む事を頼んでいるのではなく、単に自分達を守るための武器を頼んでいるだけだ。これは、米国人にとって倫理的義務の問題だ。」

先にマケイン氏を含め、米国の10人の上院議員が、ウクライナ当局に武器を供与するよう提案した。マケイン上院議員は「この法案を上院に持ち出す。そのテキストは、もしオバマ大統領がウクライナへの武器供与に踏み切らなければ、そうした措置を大統領に要求するものになる」と述べた。

ベトナムの刑務所で何年も過ごした経験を持つ参戦軍人である元米軍パイロット、マケイン氏の口から、米国の歴史における恥ずべき1ページといった言葉が聞かれるのは、いかにも奇妙だ。

米軍が使用した砲弾や爆弾により障害を負った多くの国々の人々、世界の憲兵となった米国の行動を我が身に体験した人々は、全く別の出来事を米国史の恥ずべきページと考えるのではないだろうか?そうしたリストには、今も新しい出来事が加わり続けている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала