登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

プーチン大統領:最後通牒の言語でロシアと話してはならない

© Sputnik / Alexei Druzhininプーチン大統領
プーチン大統領 - Sputnik 日本
フォローする
プーチン大統領は、最後通牒の言語でロシア連邦と話をすることは受け入れられないと述べ、米国はロシアが自らの利益やニーズを自分自身で決定することを認める必要がある、と語った。

プーチン大統領によれば、米国は「非政府部門への融資などを通じ、国際安全保障の分野の決定を押し付け、国内の政治的プロセスに干渉することで」、ロシアに何が必要かということを勝手に決めようとする。

「私たちは私たちの文化の、私たち自身の歴史・文化に基づいて、私たち自身の利益とニーズを決めさせてほしい。我々に対し、最後通告の言語で話す必要はない」。プーチン大統領がサンクトペテルブルク国際経済フォーラムの本会議で語った。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала