イラン核問題 ロシアは問題の本質に集中することを呼びかけて、イランを支持している

© Sputnik / Valery Melnikov / フォトバンクに移行ロシアのリャプコフ外務次官
ロシアのリャプコフ外務次官 - Sputnik 日本
イランと国際仲介役6者の外相は、6月25-30日あたりに、イランの核プログラムに関する協議を行う予定。最終的な日程は、後日発表される。ロシアのリャプコフイ外務次官が明らかにした。

外務次官は、「長期間にわたって協議が延期されることを望んでいる国はない。協議が数日間にわたって続くのは、技術的な性格を持っているためで、政治的内幕は一切ない。私は、協議の過程で、全てを戦術的なゲームや演習の方向にもって行くことは、非常に間違っていることを強調したい」と述べた。

また外務次官は、「我々は、一連の国々が協議プロセスをどれほど激しく批判し、協議に参加している国の政治家や世論が、その批判をどれほど注視していることを知っている。私たちは、代表者間の『綱引き』を続けるのではなく、問題の本質に集中する必要があるとして、イランの代表者たちをサポートしている」と語った。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала