輸送物流総合施設「南ウラル」稼働に向け準備

輸送物流総合施設「ユジノウラリスキイ(南ウラル)」が正式に活動を開始するまで、余すところひと月を切った。チェリャビンスク州に生まれたこの新しい施設は、中国とロシアの間の貨物輸送回廊として機能する。

プーチン大統領「ロシアはもうこれ以上、ウクライナへ割引価格でガスを供給する事は出来ない」 - Sputnik 日本
プーチン大統領「ロシアはもうこれ以上、ウクライナへ割引価格でガスを供給する事は出来ない」
ここが稼働を始める事で、注文主への商品の発送を本質的に加速化し、東シベリア・ザバイカル(外バイカル地方)でのロ中間の鉄道輸送の負担を減らす事ができるだろう。施設の建設には、ロシア、中国そしてカザフスタンの企業が参加している。この大規模投資プロジェクトの総額は1億2千万ユーロで、上海協力機構ビジネス評議会も支援している。

南ウラルが、この施設のための建設地に選ばれたのは、決して偶然ではない。南ウラルにおける巨大な産業地域であるチェリャビンスク州は、欧州とアジアの間の輸送路のちょうど交差地点に位置しているからだ。輸送物流総合施設「ユジノウラリスキイ」は、州都チェリャビンスクから40キロの場所にあり、広さは180ヘクタールもある。ここにコンテナ・ターミナルが作られた。敷地内には、コンテナ輸送のための鉄道の支線、物流倉庫、貨物の通関手続きのための施設、その他の付帯設備が整っている。毎日この「ユジノウラリスキイ」は、400個までのコンテナを受入れ処理する事が出来、年間の貨物取扱量は250万トンになる見込みだ。

中国から入ってくる列車は、工業製品ばかりでなく、食料品なども運んでくると見られる。これに関連して、輸送物流総合施設「ユジノウラリスキイ」の最高経営責任者(CEO)、ウラジーミル・パヴロフ氏は次のように話している-

シェールガス・ドリームと袂を分けた日本 - Sputnik 日本
シェールガス・ドリームと袂を分けた日本
「冷凍された魚介類や海産物、それに熱帯性のフルーツなども運ばれてくるだろう。つまり、制裁が導入された後、我々の貿易ネットワークの範囲からこぼれ出たすべての物が、中国から、この輸送回廊を通って供給される事により補われるということだ。」

中国製品を積んだコンテナの一部は、すぐにトラックに積み替えられ、オレンブルグ、ウファ、モスクワといった目的地に送られる。そして別の一部は、総面積80万平方メートルの倉庫群に置かれる。ものによっては、ターミナルに貨物がそのまま一時的に保管される場合もあるだろう。

消費者への商品の発送と並んで「ユジノウラリスキイ」の敷地内では、自動車部品や家庭用電化製品の生産や、キクイモの加工も計画されている。キクイモの主な成分は、多糖類イヌリンを含む食物繊維であり、生のキクイモには13-20%のイヌリンが含まれる。この物質は果糖の代替え品となる。すでに近隣の地区ではキクイモの栽培が始まった。

輸送物流総合施設「ユジノウラリスキイ」の試験稼働は、5月27日に行われた。この日、鉄道ターミナルには、中国からの最初の列車が到着した。50個のコンテナの荷下ろしと通関手続きは、3時間と少しで済んだ。「ユジノウラリスキイ」では、こうした荷物取扱いの迅速なテンポが、今後の模範となるはずだ。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала