登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ロシアはウクライナをこれまでどおり評価、でもウクライナはそれを評価せず

© AP Photo / Sergei Chuzavkovロシアはウクライナをこれまでどおり評価、でもウクライナはそれを評価せず
ロシアはウクライナをこれまでどおり評価、でもウクライナはそれを評価せず - Sputnik 日本
フォローする
今年第三4半期、ウクライナに供給されるロシア産ガスの割引について、ロシアは1千立方メートル当たり100ドルではなく、40ドルにする考えだ。もしキエフ当局が、この条件に賛成すれば、ウクライナが支払うガス代はこれまで通りとなる。しかし今日ウクライナ・エネルギー省が明らかにしたところでは「キエフ当局はロシア側が示した優遇措置に合意できない」との事だ。しかしあらゆるデータは「ロシアより安い価格でガスをウクライナに供給してくれる国を他にみつけることなどできない」事を裏付けている。

今日ロシア-ウクライナ-EUの三者会合の枠内で、第三4半期のガス供給価格が話し合われる見込みだ。

メドヴェージェフ首相 - Sputnik 日本
ロシア、第3四半期もウクライナ向けガスの割引を継続
29日メドヴェージェフ首相は、7月1日から今後3ヶ月の対ウクライナ供給用ガスの輸出関税確定に関する決議に署名した。首相によれば「ネフトガス・ウクライナ」は、ロシア政府に対し再び、割引を要請してきた。キエフ当局は、2015年から2016年までの暖房シーズン終了まで「冬のパッケージ」の諸条件を維持してほしいと求めたが、原油価格下落の後、ロシア政府は、割引率を下げた。現在、1千立方メートルあたりおよそ40ドルの割引は、ガス代は第二4半期の水準、1千立方メートル当たり$247,17にとどまる。メドヴェージェフ首相は「この価格が、ポーランドなど近隣欧州諸国のガス価格のレベルに合致している」事に注意を促した。

ロシア政府は、キエフ当局にとって欧州でガスを買うのが不利になるよう割引率を計算したが、この問題においてウクライナは、常に経済的理由に従うわけではない。例えば今年4月、ロシア産ガスの価格は1千立方メートル当たり中東産が欧州では280ドルだったのに対し。ずっと安く250ドルだったが「ネフトガス」は中東産を買い入れた。

プーチン大統領「ロシアはもうこれ以上、ウクライナへ割引価格でガスを供給する事は出来ない」 - Sputnik 日本
プーチン大統領「ロシアはもうこれ以上、ウクライナへ割引価格でガスを供給する事は出来ない」
Argus Mediaのヴャチェスラフ・ミシチェンコ氏の計算では、7月の初めまでに「ガスプロム」の欧州の消費者達が支払う平均ガス価格は、1千立方メートルあたり$248-252だとし「輸送を考慮すれば、ウクライナのリバースビジネスはうまくいかないだろう」と見ている。

又ウクライナ国家科学アカデミー経済・国際関係センターのエネルギープログラムの責任者、ヴァレンチン・ゼムリャンスキイ氏は「キエフ政権は、30%の割引と前の合意の維持を期待していた。ウクライナは不満を持つかもしれないが、当局はこれ以上の割引は無理だと理解するだろう」と述べ、次のように指摘した―

「キエフ当局にとって問題は、他のところにある。もし欧州が、ウクライナに必要な資金の半分しか供与を約束してくれなかったら、地下ガス貯蔵タンクに注入するためのガス代10億ドルをどこで見つけるべきか、という問題である。」

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала