インド、ロシアの新型戦艦用高射砲ミサイルに関心

インド、ロシアの新型戦艦用高射砲ミサイルに関心
インド、ロシアの新型戦艦用高射砲ミサイルに関心 - Sputnik 日本
アドミラル・グリゴロヴィチ級フリゲート(プロジェクト11356)に搭載された新型の戦艦用高射砲ミサイル「シティーリ1」の購入にインドが関心を示した。ロシアの「テフノディナミカ」社のマクシム・クジュク社長がリアノーボスチ通信からのインタビューに明かした。

クジュク社長は「現在はみんながアドミラルシリーズの最初のフリゲート(プロジェクト11356)の国家実験が終わるのを待っている段階だ。これが終了してはじめて、新型高射砲ミサイルの外国への供給が開始される。すでにインドが新型『シティーリ』の購入問題に関心を表した。これはつまり、旧式の戦艦を刷新し、新たな戦艦を造船する際の供給の話だ」と語っている。

クジュク社長によれば、インドはすでにプロジェクト11356に似たクラスの戦艦6隻の供給を受けているものの、6隻に搭載されているのは旧式の「シティーリ」であり、発射速度も新型「シティーリ1」が1.5秒ないし2秒に1回であるのに対し、12秒に1回と遅い。

「シティーリ1」にはインドのほか、将来中国も関心を寄せる可能性がある。中国も6隻の駆逐艦に旧式の「シティーリ」を搭載している。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала