オランダ、ウクライナにおけるボーイング機墜落事故の調査報告原案をロシアに送付

© Sputnik / Igor Maslov / フォトバンクに移行オランダ、ウクライナにおけるボーイング機墜落事故の調査報告原案をロシアに送付
オランダ、ウクライナにおけるボーイング機墜落事故の調査報告原案をロシアに送付 - Sputnik 日本
オランダの調査団がウクライナ東部におけるマレーシア航空のボーイングMH17機の墜落事故に関する調査を終了させた。

最終報告書の原案が国際調査に参加している国々、すなわちウクライナ、ロシア、豪州、マレーシア、米国、英国、さらには国際民間航空機関に送付された。調査団を率いるオランダ安全保障会議のサイトで発表された。

これから60日の間に報告書原案に対しコメントを行うことが出来る。それを受けて、最終報告書が作成される。

2014年9月に発表された中間報告書では、事故機は航行中、「多数の高エネルギー体による外部からの作用で構造的損傷を負い」破壊されたとされている。キエフ政権はこの件をウクライナ東部義勇軍による墜落と断定し、一方の義勇軍は、「当該機が当時飛行していた高度に届く武器は保持していない」と主張した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала