対ロ制裁で欧州は920億ユーロの損失を出す

© nitoユーロ
ユーロ - Sputnik 日本
オーストリア経済研究所(WIFO)は本日、報告書を発表し、EU諸国およびスイスがロシアに対して発動した制裁およびロシアによる対抗制裁による欧州の経済的損失に関する試算を提示した。相互の制裁、ならびにロシア経済圧迫策全体で、EU諸国およびスイスは、短期的には340億ユーロ、長期的には920億ユーロの損失を出す。さらに、欧州全体で、全雇用の1%に当たる220万の雇用が失われるという。

ドイツの企業家「対ロシア制裁措置は最悪の予想さえ上回った」 - Sputnik 日本
ドイツの企業家「対ロシア制裁措置は最悪の予想さえ上回った」
報告書によると、相互制裁で一番打撃を受けるのが、地理的にロシアに近く、ロシアとの取引量が多い国だ。フィンランド、バルト諸国、東欧諸国は、長期的にGDPの0.8%に上る損失を出す恐れがある。絶対値で一番損失の規模が大きいのがドイツで、その額は223億ユーロに上るとされる。

これを見ると、欧州、とりわけ中欧・東欧諸国で、ビジネスマンらが絶えず、対ロ制裁の解除への呼びかけを行っていることも、全く驚くには当たらない。対ロ制裁が解除されればロシアによる一部EU諸国の製品への輸入禁止が解除される筈だ。先週はドイツの実業家が制裁解除を訴えた。ドイツ経済東方委員会のエックハルト・コルデス代表は、「現在の状況は我々の最悪の想定をも上回っている」と述べた。しかしEU諸国のリーダーたちは、今のところ、対ロ制裁を見直すことに関して、何のシグナルも発信していない。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала