7月3日ハイレベルな太陽フレアが観測される

E.K.フョードロフ記念応用地球物理学研究所は3日、Mクラスの太陽フレアを観測した。地球に磁気嵐が起きる恐れはないという。

「ソーラー・インパルス2」 - Sputnik 日本
太陽電池で飛ぶ飛行機、日本を発ちハワイへ
先に報道されているように、6月19日から26日の期間にMクラスの強力なフレアが複数発生したことにより、地球では2つの磁気嵐が観測されている。

太陽フレアはX線放射の強さによりA、B、C、M、Xの5つの等級に分けられる。最小レベルであるA0.0は、地球の軌道で1平米あたり10ナノワットという強さ。文字がひとつ移るごとに放射の強さは10倍になる。協力なフレアがあり、かつ、その方向が地球を向いているなど、一連の条件を満たせば、地球には磁気嵐が吹き荒れる。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала