危険なセルフィー

ロシアでは「安全なセルフィー」キャンペーンがスタートした。これは警察によって、工夫しすぎた状態で不用意にセルフィーを撮る人たちを、不幸な事態から守るという目的で組織されている。

ロシアでは「安全なセルフィー」キャンペーンがスタートした。これは警察によって、工夫しすぎた状態で不用意にセルフィーを撮る人たちを、不幸な事態から守るという目的で組織されている。

© AP Photo / Manu Fernandezセルフィーは無秩序や極端な試みの背景にある。これはスマートフォンが登場した現代社会における、ひとつの戦いである。
セルフィーは無秩序や極端な試みの背景にある。これはスマートフォンが登場した現代社会における、ひとつの戦いである。 - Sputnik 日本
1/12
セルフィーは無秩序や極端な試みの背景にある。これはスマートフォンが登場した現代社会における、ひとつの戦いである。
© AP Photo / Daniel Ochoa de Olza専門家たちは、現代社会の全てのプラス面とともに、新たな危機も到来したと指摘している。ソーシャルネット上で「いいね」を追うがあまり、死への道に近づいてしまう、とロシア内務省は指摘している。
専門家たちは、現代社会の全てのプラス面とともに、新たな危機も到来したと指摘している - Sputnik 日本
2/12
専門家たちは、現代社会の全てのプラス面とともに、新たな危機も到来したと指摘している。ソーシャルネット上で「いいね」を追うがあまり、死への道に近づいてしまう、とロシア内務省は指摘している。
© AFP 2022 / Andrew Harnikこの流行の風にはアメリカ・ケリー国務長官も無関心ではいられない。ケリー長官はナイロビの国立公園を訪れた際、我慢しきれず子ども象たちとのセルフィーを撮った。
ケリー長官はナイロビの国立公園を訪れた際、我慢しきれず子ども象たちとのセルフィーを撮った - Sputnik 日本
3/12
この流行の風にはアメリカ・ケリー国務長官も無関心ではいられない。ケリー長官はナイロビの国立公園を訪れた際、我慢しきれず子ども象たちとのセルフィーを撮った。
© AFP 2022 / Ahmad Abdul Fatan5月にルーマニアで18歳の少女が列車の屋根でセルフィーを撮ろうとして死亡した。電線のゾーンにうっかり近付いてしまい、2万7000ボルトの電圧に感電してしまったのだ。4月の終わりには、あやうく5人のパリっ子たちが列車の犠牲になるところだった。彼らは線路上で、グループでセルフィーを撮ろうとしていたのだ。エジプト人も、近付いてくる列車をバックにセルフィーを撮ろうとし、命を危険にさらした。
エジプト人も、近付いてくる列車をバックにセルフィーを撮る - Sputnik 日本
4/12
5月にルーマニアで18歳の少女が列車の屋根でセルフィーを撮ろうとして死亡した。電線のゾーンにうっかり近付いてしまい、2万7000ボルトの電圧に感電してしまったのだ。4月の終わりには、あやうく5人のパリっ子たちが列車の犠牲になるところだった。彼らは線路上で、グループでセルフィーを撮ろうとしていたのだ。エジプト人も、近付いてくる列車をバックにセルフィーを撮ろうとし、命を危険にさらした。
© Fotolia / oneinchpunch人々は、セルフィーのための新しいアングルや、新しい面白い場所を探している。しかしその際、注意深くなることを忘れ、安全の程度を超えてしまうのだと、内務省の代表者は指摘している。
人々は、セルフィーのための新しいアングルや、新しい面白い場所を探している - Sputnik 日本
5/12
人々は、セルフィーのための新しいアングルや、新しい面白い場所を探している。しかしその際、注意深くなることを忘れ、安全の程度を超えてしまうのだと、内務省の代表者は指摘している。
© AP Photo / Ted S. Warren2014年に21歳のメキシコ人が、セルフィーを撮る際に銃を足場にし、誤って自分に向けて銃を発射するという事故があった。彼はスマートフォンのボタンを押すと同時に、引き金を引いたのである。
2014年に21歳のメキシコ人が、セルフィーを撮る際に銃を足場にし、誤って自分に向けて銃を発射するという事故があった - Sputnik 日本
6/12
2014年に21歳のメキシコ人が、セルフィーを撮る際に銃を足場にし、誤って自分に向けて銃を発射するという事故があった。彼はスマートフォンのボタンを押すと同時に、引き金を引いたのである。
© AP Photo / Rajanish Kakadeそして、大雨でさえもセルフィーのファンたちを止めることはできない。
そして、大雨でさえもセルフィーのファンたちを止めることはできない。 - Sputnik 日本
7/12
そして、大雨でさえもセルフィーのファンたちを止めることはできない。
© AP Photo / Peter Dejongまた、セルフィーが危険であるということも、彼らを止める理由にはならない。
また、セルフィーが危険であるということも、彼らを止める理由にはならない。 - Sputnik 日本
8/12
また、セルフィーが危険であるということも、彼らを止める理由にはならない。
© AFP 2022 / Roslan Rahman超高層ビルの屋上などは、セルフィー・ファンの大好きな場所だ。
超高層ビルの屋上などは、セルフィー・ファンの大好きな場所だ。 - Sputnik 日本
9/12
超高層ビルの屋上などは、セルフィー・ファンの大好きな場所だ。
© Fotolia / Eugenio Marongiuロシアでは今年、100件ほどのセルフィーに絡む不幸な出来事があった。そのうち、高いところから落ちたという事故は何十件も含まれている。
ロシアでは今年、100件ほどのセルフィーに絡む不幸な出来事があった - Sputnik 日本
10/12
ロシアでは今年、100件ほどのセルフィーに絡む不幸な出来事があった。そのうち、高いところから落ちたという事故は何十件も含まれている。
© Karen Bleier/Files 最初は若者たちの間でだけ人気だったセルフィーだが、すでに大人の間でも人気になっている。
最初は若者たちの間でだけ人気だったセルフィーだが、すでに大人の間でも人気になっている。 - Sputnik 日本
11/12
最初は若者たちの間でだけ人気だったセルフィーだが、すでに大人の間でも人気になっている。
© AFP 2022 / Brendan Smialowski 効果的なセルフィーを撮ろうとする世界的な傾向が、生命の危険を及ぼすことも、もはや稀ではない。
効果的なセルフィーを撮ろうとする世界的な傾向が、生命の危険を及ぼすことも、もはや稀ではない。 - Sputnik 日本
12/12
効果的なセルフィーを撮ろうとする世界的な傾向が、生命の危険を及ぼすことも、もはや稀ではない。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала