登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

イラン外相:仲介6か国の一部が要求を高め、交渉が長引いている

© AFP 2021 / Fabrice Coffriniイラン外相:仲介6か国の一部が要求を高め、交渉が長引いている
イラン外相:仲介6か国の一部が要求を高め、交渉が長引いている - Sputnik 日本
フォローする
イラン核開発をめぐる最終合意の締結が長引いているのは、国際仲介6か国の一部が「要求を高め」、「立場を変更」したことと関係がある。イランのザリフ外相が述べた。

ザリフ外相はイランのTV放送「アル・アラム」のインタビューで次のように述べた。「残念ながら、一部の国が立場を変更し、要求を高めている」「仲介6か国の一部が異なる立場をとり、それが事態を複雑にしている」。

国際仲介6か国(英国、ドイツ、中国、フランス、ロシア、米国)とイランはEUの参加のもとで、イランの核開発に関する最終合意の締結に向けて作業を進めている。合意は6月30日までに結ばれる約束であったが、ウィーンでの定例交渉で、作業を7月10日まで延長することが決められた。

木曜、今回の交渉ラウンドが無期限に延長されることが明らかになった。米国のケリー国務長官によれば、交渉当事者は、事を急がず、質の高い合意を策定するのだという。加えて国務長官は、イランとの合意プロセスは無限に続くわけではない、とした。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала