メルケル首相、パレスチナ難民の少女を泣かせる

メルケル独首相と難民との話し合いの最中にパレスチナ難民の少女が泣き出した。

少女が泣き出したのは、メルケル首相の、難民全員が独に留まれるわけではないという発言が原因。

「私はみんな分かるのですが、それでもこれを言わなければなりません。政治は難しいものです。しかも目の前にあなたたちが立っているのですから、なおさらです。あなたたちはとても感じの良い方々です。でも、移民全員に、ドイツに来てくださいとはいえません。何人かの方にはドイツを去っていただかねばならないのです。」

メルケル首相はこういうと、泣いている少女に近づき、頭をなでた。

少女の父親は労働許可を得ておらず、少女もドイツで教育を受ける権利を持っていない。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала