登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

日本人が世界で最も恐れるものはイスラム国

© AP Photo / Eugene Hoshiko日本人が世界で最も恐れるものはイスラム国
日本人が世界で最も恐れるものはイスラム国 - Sputnik 日本
フォローする
今年12月にパリで開かれる気候変動に関する国連会議を前に、世界中では、グローバルな気候変動が、人類にとって主要な脅威の一つだとする報道が増えている。実際この事は、国際問題の受け止め方の変化を分析しているPew Research Centerの新しい調査結果も裏付けている。

調査結果によれば、気候変動を最も脅威に感じ恐れているのは、南アメリカ(61%)とアフリカ(平均で60%以上)の人達だ。

これに対し中東では、最も大きな脅威としてまず挙げられたのは「ISIL(イラク・レバントのイスラム国)」だった。その数は、ほぼ90%に達する。

調査が行われた国々のうち、ロシア、ウクライナそして南米では、まず心配な事として、世界的な経済の不安定性を挙げた。

イランの核プログラム関して言えば、脅威と感じている国は、そう多くなかった、米国が62%、イスラエルが53%である。

一方サイバー攻撃については、米国で59%、韓国で55%と高い数字を示した。

さてロシアと西側との関係緊張化に関してだが、これはウクライナで62%、ポーランドで44%とロシアに隣接する2つの国で高かった。また中国との領土問題が最大の脅威だと答えた人は、やはり隣国のみで、ベトナムで60%、フィリピンで56%だった。

日本人はどうかと言えば、国際問題で一番心配なものとして挙がったのは、第一位が「ISIL」(72%)、二番目が中国との領土問題(52%)、それに気候変動(42%)、サイバー攻撃(39%)、イランの核プログラム(39%)、ロシアとの関係悪化(32%)、経済的不安定(30%)の順だった。

最後にロシア人が何を一番心配しているかを御紹介しよう。他の国とはやや違い、第一位は経済的不安定(43%)、第二位は気候変動(22%)、続いて「ISIL」(18%),、イランの核プログラム(15%)、サイバー攻撃(14%)の順だった。

なおPew Research Centerの調査は、今年3月25日から5月27日まで世界40カ国45435人を対象に実施された。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала