東芝 会計処理問題で田中久雄社長が辞任

日本企業東芝の会計指標は6年間にわたり粉飾されていた。収益は1518億円、実際より多く報告されていた。数週間にわたり書類を審査した独立監査機関によれば、その主な原因となったのは経営トップからの圧力だという。

東芝社長、不正会計スキャンダルで辞任か - Sputnik 日本
東芝社長、不正会計スキャンダルで辞任か
検査の結果、指導部が部下らに対し一部書類で数字を引き上げ、または引き下げることを指示していたことが分かった。共同通信より。

この関連で、東芝の田中久雄社長および経営トップ2人が今日、辞任した。東芝によれば、今日の緊急理事会でとられた決定だという。

一方日経新聞によれば、東芝は事態を改善するために自社が保有する米国のWestinghouse Electricなど企業の株式を売却する可能性がある。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала