オバマ大統領 任期中に最も失望したことについて語る

オバマ米大統領は、任期中に最も失望したのは、銃規制の厳格化が不可能であることだと述べた。大統領はBBCのインタビューで、米国人は世界で最も進歩的な国民だが、米国民は「常識にかなった銃器の安全に関する法律」を持っていないと語った。

米警察 - Sputnik 日本
米国の2都市で再び乱射事件
オバマ大統領は、「(2001年)9月11日以降にテロリストによって殺害された米国人の数は100人以下だ。銃によって殺害された人の数は、数万人になる」と指摘した。

オバマ大統領は、2012年に米コネチカット州の学校で26人の死者を出した銃の乱射事件が起きた後、銃規制を拡大しようとしたが、米議会で否決された。

なおオバマ大統領のインタビューから数時間後、米ルイジアナ州ラファイエットの映画館「グランド・シアター」で発砲事件が発生した。目撃者情報によると、発砲したのは年配の白人の男で、自殺したという。

 

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала