ベトナム人宇宙飛行士第1号誕生から35年

© Sputnik / Alexander Mokletsov  / フォトバンクに移行船長のヴィクトル・ゴルバトコ飛行士、ベトナムのファム・トゥアン飛行士
船長のヴィクトル・ゴルバトコ飛行士、ベトナムのファム・トゥアン飛行士 - Sputnik 日本
今から35年前、モスクワ時間で7月23日の夕方遅く、ベトナム時間で24日の早朝、ソ連の宇宙船「ソユーズ37号」が軌道上に向け飛び立った。船内には、すでに地球周回飛行を二度経験した船長のヴィクトル・ゴルバトコ飛行士、そしてベトナムのファム・トゥアン飛行士が乗り組んでいた。

米国のチェル・リングリン宇宙飛行士、ロシアのオレグ・コノネンコ宇宙飛行士、日本の油井亀美也宇宙飛行士 - Sputnik 日本
ISSへ新クルー出発
ラジオ・スプートニクのアレクセイ・スュンネルベルグ記者のレポートをお伝えする。

スュンネルベルグ記者が、ソユーズ打上げの前日、ファム・トゥアン飛行士にインタビューした際、彼は「1961年のガガーリンによる有人宇宙飛行の成功を知ってから、私にとって宇宙飛行士になるのが子供の時からの夢だった」と語った。しかし彼がベトナム軍に入隊した際、健康状態の関係で、彼は最初、パイロットとして採用されなかった。

しかしファム・トゥアン飛行士は、そうしたマイナスを克服し、パイロットになったばかりか、ソ連製の戦闘機に乗り、ハノイ上空で「空飛ぶ要塞」と呼ばれた米軍の戦略爆撃機B-52を撃墜し、ベトナム空軍の英雄となった。

その後ついに彼は、幼いころ夢見た宇宙飛行士の道を歩み始めるのだが、モスクワ郊外の養成センターで、さらに大きな困難にぶつかった。彼の歩みは、モスクワの全ロシア展示会場(旧全ソ国民経済博覧会場)駅前にそびえたつ「宇宙征服記念塔」に例えられる。このモニュメントは、ロケットが逆放物線を描いて宇宙に飛び立つさまを象徴したものだが、ファム・トゥアン飛行士の努力も、初めはゆっくりと、後になるにしたがって急激に加速をつけて成果を生んでいった。訓練は、日を追うごとに益々複雑で困難なものとなって行ったが、彼自身の不屈の忍耐力とすでに飛行経験のあるロシア人飛行士達の助けと励ましを得て、ファン・トゥアン飛行士は、これを無事乗り切った。

ソユーズ宇宙船、クルーを乗せて無事ISSにドッキング - Sputnik 日本
ソユーズ宇宙船、クルーを乗せて無事ISSにドッキング
そしてついに打上げの日を迎えた。実はすでに7月24日という日は、ベトナムの歴史においても、ロシアとベトナムの協力の歴史においても、記念すべき日だった。打上げの日は、ようやくベトナム人民軍に届いたソ連の地対空ミサイルの最初の実験が行われてから15年目に当たっていたのだ。この日はベトナムでは、ロケット軍の日とされている。

ファム・トゥアン飛行士が、飛行に向け用意ができたことを、ベトナム政府の委員会に伝える録音があるので、御紹介しよう-

「我が祖国が、全人類のために宇宙研究に参加できることを、この上なく嬉しく思っている。」

飛行は8日間続き、軌道上で両飛行士は、重要な学術調査実験を行う事になっていた。その中には、ベトナムの学者達によって用意されたプログラムも含まれていた。特に大きな注意が割かれたのは、ベトナムの領土および領海の撮影だった。撮影により得られたデータは、戦争によってひどい被害を受けた森林がどのように復活しつつあるかを知る重要な手がかりを林業専門家にもたらしたし、漁業関係者が、今後どこの漁場が有望かを知る助けとなった。軌道上から撮影された写真データは、合弁企業「ヴェトソフペトロ」のプロジェクトで、ホアビンとチアンに上水道など総合水利施設を建設する際にも利用された。こうしたデータは、今でもアクチュアルな価値を失っていない。ニントゥアンでの原子力発電所プロジェクトの際も利用された。また、新しい道路や橋の建設、ベトナムの豊かな天然資源の探査にも使われており、ベトナムの多くの学者達が、宇宙で得られたデータを使って、学位論文を書き審査にパスした。

太陽系 - Sputnik 日本
新たな写真で冥王星の地質が明らかに
「ソユーズ37号」は7月31日、飛行プログラムを成功裏に遂行し、ロシアとベトナムの両飛行士は、地球に帰還した。

その時の録音を、皆さんに御紹介しよう-

「ハッチが開く。皆の喜ぶ顔が見える。地元の人達も笑顔で出迎えてくれている。母なる地球の大気が、すぐに我々に元気を与え、すべての疲れを取り去ってくれた。皆、最も近しい親戚のように我々を迎えてくれた。一生涯、忘れないだろう。」

ファム・トゥアン飛行士が地球に帰還した7月31日も、ロシアとベトナムにとって記念すべき日だった。その22年前に、当時のソ連・ベトナム、今のロシア・ベトナム友好協会が設立されたのだ。なおヴィクトル・ゴロバトコ、ファム・トゥアン両飛行士を出迎えた人達の中には、1962年にソ連の第2番目の宇宙飛行士となったゲルマン・チトフ飛行士もいた。

ベトナム建国の父ホーチミンは、ベトナム市民が宇宙に行く日を夢見ていた。まさにその夢が実現したのである。ベトナムの昔話、天空に上った少年タン・ゾンの物語が現実のものになったのだった。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала