休暇を過ごすのに世界で最も高くつく国が指名される

英国の国立統計調査所Office for National Statistics (ONS)が、休暇に旅行するのに最も高くつく国のランキングを作成した。インディペンデント紙が報じた。

行楽先として人気の国で、一日過ごすのにいくらかかるかを調べた。2015年の夏をすごすのに一番高くつくのはカリブ海のバルバドス島。一日に168ドルかかるという。

次はUAEで156ドル。3位はチェコとオーストリア、142ドル。次はスイスで140ドル、ベルギー136ドル。

次いで米国とルクセンブルグ、134ドル。9位はオランダ、125ドル。次が香港、120ドル。

ホテルの宿泊料ほか、典型的な使途への出費が考慮された。方法の詳細はONSは明らかにしていない。

旅行産業のプロたちは定期的に様々な休息にかかる平均的な金額を算出している。6月には夏の週末を過ごすのに一番高く、一番予算の要る都市のランキングが発表された。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала