オランダ外務省 マレーシア機MH17便墜落事件を裁く場として考えられる3つの法廷を挙げる

© AFP 2022 / Koen van Weelオランダ外務省 マレーシア機MH17便墜落事件を裁く場として考えられる3つの法廷を挙げる
オランダ外務省 マレーシア機MH17便墜落事件を裁く場として考えられる3つの法廷を挙げる - Sputnik 日本
マレーシア、オランダ、オーストラリア、ベルギー、ウクライナは、マレーシア機MH17便墜落事件の審理を求める国際法廷について検討している。ロイター通信が、オランダ外務省の情報としてした。

ロシア、ボーイング機墜落に関する国際法廷開廷をめぐる決議に拒否権発動 - Sputnik 日本
ロシア、ボーイング機墜落に関する国際法廷開廷をめぐる決議に拒否権発動
ロイター通信によると、候補に挙がっているのは、5か国が設立に参加した国際裁判所、国連総会で設立された裁判所、そして5か国のいずれかの国の裁判所における審理で、この3番目の案について議論が行われているという。

3つの案に関する協議は、これら5カ国の各首都および国連で行われている。オランダ外務省の報道官が伝えた。

ロイター通信は、提案されているような法廷の例として、オランダにある特別法廷を挙げている。同法廷は、1988年にスコットランド地方のロッカビー上空を飛行していたパン・アメリカン航空機が爆発された事件を裁いた。

ロシアは29日、マレーシア機墜落事件の調査を行っている国々によって提出された国際法廷の設置に関する決議案の採決で、拒否権を行使した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала