岸田外務大臣はメドヴェージェフ首相が択捉訪問に動揺された

© Sputnik / Mikhail Klimentiev  / フォトバンクに移行メドヴェージェフ首相は南クリルにで。
メドヴェージェフ首相は南クリルにで。 - Sputnik 日本
岸田外務大臣は記者会見で時事通信の記者のメドヴェージェフ首相が択捉訪問に関しての質問にこたえた。

時事通信の水谷記者は「ロシアの極東発展相が政府要人による北方領土訪問は定期的に行われるという発言が先日ありまして,メドヴェージェフ首相が択捉訪問とか,北方領土訪問をするとされている計画を含めて,こうしたロシア側の姿勢と,あと大臣の検討されている訪露への影響について改めてうかがえればと思っています』と質問した。

岸田外務大臣は「メドヴェージェフ首相の北方四島訪問等が報道等で報じられていますが,こうしたことについては,北方四島をめぐる我が国の立場とは相容れません。日本の国民感情も害するものだと思っています。我々としては 受け入れることができないと考えます。そして,一方で両国首脳間では本年中にプーチン大統領の訪日を実現するということで一致をしております。その準備の意味合いもあって,外相訪露が検討されていますが,これらについては様々な点を総合的に勘案して決まっていくものだと思っています。今の段階では何も決まってはいませんが,こうした努力をしていくということについては変わっていないと考えています。」とこたえた。

だがロシアの立場は:ロシアの役人はロシアの領内でごこでも行くことができます。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала