ロシアの物理学者たちの発見がコンピューターを10倍速くする

© Fotolia / Edelweissロシアの物理学者たちの発見がコンピューターを10倍速くする
ロシアの物理学者たちの発見がコンピューターを10倍速くする - Sputnik 日本
ロシアの物理学者たちは、小さなシリコンチップに情報を送信するために光の「粒子と波動 」を使用する方法を習得した。これは、今のコンピューターよりも10倍速い光コンピューターの製造を近い将来初めて可能にするという。雑誌オプティクス・エクスプレスに掲載された記事の中で述べられている。

モスクワ州ドルゴプルドニにあるモスクワ物理・技術研究所の物理学者たちは、プラズモン共振器とその表面に生じた一風変わった粒子ポラリトンを用いて光を「絞る」ことを習得し、従来の電子機器から未来の電子機器への移行に向けて大きく一歩前進した。

ポラリトンは、比較的最近生成された仮想粒子(準粒子)で、光子として同時に粒子と波動のように振る舞う。

表面ポラリトンは、光コンピュータの一部の部品を小型化することができないというオプトエレクトロニクスの重要な問題を解決することを可能とする。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала