3Dプリンターを使ってまだ生まれていない自分の子供を「抱く」ことができる

© Fotolia / Sergey Nivens3Dプリンターを使ってまだ生まれていない自分の子供を「抱く」ことができる
3Dプリンターを使ってまだ生まれていない自分の子供を「抱く」ことができる - Sputnik 日本
3Dプリント技術を用いて、まだ母親のお腹の中にいる胎児の3Dモデルを印刷できるようになった。ザ・サン紙をが伝えた。

親たちは自分の子供の誕生を心待ちにしており、子供が生まれる前に超音波で自分の子供の姿を見ようとする。しかし超音波画面に映し出される画像はぼやけており、子供の顔が分かりづらいことがある。

しかしこの度、超音波検査で得られた情報を特殊な3Dプリンターに送って、子供のおおよそのモデルをすぐにつくれるようになった。このようなサービスはすでに英国の複数の病院で提供されている。価格は、150ポンド。出産を控えている女性の1人は、「生まれる前に自分の子供の顔に触ることができるのは、特別な感覚です!」と語った。ザ・サン紙が伝えた。

胎児の輪郭は妊娠28週頃までにはっきりしてくる。そのため3Dプリンターで28週以降につくられた子供のモデルで、子供が父親と母親のどちらにより似ているかが分かるかもしれない。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала