登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ペルセウス座流星群、来週最大に

フォローする
ロシアその他諸国の7・8月の夜空を毎年にぎわすペルセウス座流星群が今週水曜から木曜にかけ、最大となる。国際流星機関が報じた。

今回はそう大規模とはならない。毎時間およそ100の隕石が北半球で見られる。南半球では50個ほどだ。なお、2年前は124個、2011年はジャコビニ流星群が1時間に800個観測された。

NASA、月の裏側と地球のツーショットを発表 - Sputnik 日本
NASA、月の裏側と地球のツーショットを発表 (動画)
ただし、今年は観測には非常によい条件である。ピークを迎える14日は新月であり、ペルセウス座流星群は月光に邪魔されず、よく見える。

流星は豆粒・穀物大の小型星間粒子である。秒速20kmほどで大気圏に侵入し、瞬間的に燃焼、夜空に美しい、明るい軌跡をのこす。

ペルセウス座流星群は地球がスイフト・タットル彗星の塵の中に入ったときに見られる、最大かつ最も有名な流星群である。国際流星機関の新たな観測では、今年、最大の流星が見られるのは13日の夜明け前、現地時4時ごろである。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала