登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

太陽で中規模のフレアが3回発生

© REUTERS / NASA太陽で中規模のフレアが3回発生
太陽で中規模のフレアが3回発生 - Sputnik 日本
フォローする
ロシアの学者たちは、Cクラスの中規模の太陽フレアを3回観測した。予測によると、8月8日に大規模なMクラスの太陽フレアが発生する可能性がある。E.K.フョードロフ記念応用地球物理学研究所が発表した。

伝えられたところによると、「太陽フレア活動の規模は小規模なものになると予想されているが、Mクラスのフレアが発生し、地磁気は不安定となり、放射線状況は無摂動の状態になる可能性がある」という。

太陽フレアはX線の強さで表され、A、B、C、M、Xの5つの等級で分類される。一番強いのはX。最小クラスの±0.0は、地球の軌道上で1平方メートル当たり10ナノワットの強さ。

一定の条件の下で強力なフレアが複数発生した場合、そのうちの1つが地球に向かい、地上で磁気嵐を引き起こす可能性がある。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала