登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

米NSA、イランのエージェントを見つけるため国民の電話を盗聴していた

© Fotolia / Marek Yuralaits米NSA、イランのエージェントを見つけるため国民の電話を盗聴していた
米NSA、イランのエージェントを見つけるため国民の電話を盗聴していた - Sputnik 日本
フォローする
米国の国家安全保障局(NSA)はアルカイダ戦士だけでなく、イランのエージェントを探す目的でも、国民の電話通信の大量盗聴を行っていた。NYタイムズ紙で発表された。

米国務省、ロシアや中国役人のメールは読んでいないの?の問いにノーアンサー - Sputnik 日本
米国務省、ロシアや中国役人のメールは読んでいないの?の問いにノーアンサー
その証拠書類によれば、「NSAの大量電話通信盗聴プログラムの目的はイラン政府のエージェントおよび「それと結びついたテロ組織」を国内で探すことにあったのであり、目的はアルカイダとその同盟者だけではなかった」。

同紙によれば、この状況は「先に公開されたこのプログラムに関する世間の理解をさらに広げるもの」である。「ジョージ・ブッシュ政権は2001年9月11日のテロ後、国内に潜伏するテロ組織を見つけるためにプログラムを指導させた。政府は標的の例にアルカイダをあげ、この方策を正当化した」。

同紙によれば、NSAが「イランと結びついたテロ組織」として考えていたのは、シーア派運動体「ヒズボラ」である。米国はこの団体をテロ組織と見なしている。この「イランのエージェント」探しがどれほどの規模で行われていたのかは今回の報道でも不明。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала