登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

欧州の人々は、より発展しているEU加盟国へ移住している

フォローする
通信社スプートニクは、プロジェクト「Sputnik.事実」の枠内で欧州の人口推移予測データを発表しました。

国連:世界の人口は2100年までに110億人超に - Sputnik 日本
国連:世界の人口は2100年までに110億人超に
「ユーロスタット」の情報によりますと、欧州の「古い」比較的貧しい国々(ポルトガル、ギリシャ)や東欧の多くの国では、人口が減少しています。一方でフランス、スイス、英国などのEU加盟国には、過疎化に伴うリスクはありません。

人口は移民と人口の自然な増加あるいは減少に左右されます。「ユーロスタット」が発表した2015年の人口と2030年の人口予測を発表によりますと、人々は経済状況があまりよくない国から、より発展した国へ移住しています。2030年までの人口の負の増加で上位3位に入ったのはリトアニア(-24パーセント)、ラトビア(-18パーセント)、ブルガリア(-10パーセント)。

欧州の人々は、より発展しているEU加盟国へ移住している - Sputnik 日本
欧州の人々は、より発展しているEU加盟国へ移住している
ギリシャの人口減少率は8パーセント、ポルトガルは6パーセントで、すでに国の経済にネガティブな影響を与え始めています。

2030年までに最も人口が増えると見られているのはルクセンブルク(39パーセント)で、2位はノルウェー(23パーセント)、3位はスイス(16パーセント)。なお英国は9パーセント、フランスは6パーセントとなっています。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала