登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

日本の学者:ダイエットはアルツハイマーを誘発する

© Flickr / Hansel and Regrettal日本の学者:ダイエットはアルツハイマーを誘発する
日本の学者:ダイエットはアルツハイマーを誘発する - Sputnik 日本
フォローする
ダイエットなどで栄養が足りなくなり、脳細胞が衰弱すると、アルツハイマー病が進行する可能性がある。東京医科歯科大の研究チームがこうした報告を出した。

非常に高性能な顕微鏡でアルツハイマー病のマウスの脳を観察したところ、栄養不足で衰弱した脳細胞は病気の結果として細胞内に蓄積した悪性タンパク質を処理できず、病院はますます進行し、ますます手に負えないものとなっていった。

蚊 - Sputnik 日本
日本、蚊の力を借りて瓦礫の下から人命救出へ
これまでは、アルツハイマー病は多量のカロリーを消費したほうが速く進行する、と考えられていた。しかし今回の研究で、過度なダイエットによっても全く同じ結果が出ることが立証された。「病気の進行を止めるためには、バランスのとれた食事が必要だ」と医科歯科大の岡澤均教授。

アルツハイマー病は中枢神経系の変性疾患で、記憶が失われ、近親者を識別できず、外界との接触が途切れてしまう病気。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала