クリル諸島の金採掘量が3倍に

サハリン州クリル諸島のウルップ島では金の採掘量が年間3トンに達する可能性がある。

サハリン州のオレグ・コジェミャンコ知事臨時代行は22日、イトゥルプ島(択捉島)視察に訪れたメドヴェージェフ首相に対して明らかにした。同州政府広報課が発表した。

サハリン州政府広報課は州知事代行の声明を引用して発表したところによれば、ウルップ島では金採掘も開始されており、現在は1トンの採掘量も将来は年間3トンにまで拡大の計画。これにより、最高で20億ルーブルの税収が見込める。

ウルップ島のアインスコエ金鉱、銀鉱の今後25年の地質調査および採掘の許可書は、2010年「クリルゲオ」社が取得している。許可書によれば、クリルゲオ社は2019年9月1日までに最低でも金780キロ、銀3.5トンの年間採掘量まで引き上げる義務を負っている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала