前例のないミサイル爆弾がロシアで開発

© 写真 : 「作戦用ミサイル兵器」社前例のないミサイル爆弾がロシアで開発
前例のないミサイル爆弾がロシアで開発 - Sputnik 日本
ロシアの企業「作戦用ミサイル兵器」社のボリス・オブノソフ代表取締役は26日記者団に対し、ミサイルと爆弾の性能をひとつにした、今までにない「ミサイル爆弾」「グロム2(雷の意)」の開発を明らかにした。

オブノソフ代表取締役によれば、「グロム2」は緩やかな飛行の爆弾。なぜならエンジンの代わりにさらにもうひとつ、重さ130キロの戦闘器材が予備として入っているため。これで総重量は250キロになる。

オブノソフ代表取締役は、「グロム2」に先行した「グロム1」についてはエンジン、誘導システムほか、250キロもの大型の戦闘器材を積んだミサイルで、総重量は522キロにも達すると説明している。

「作戦用ミサイル兵器」社は2002年、連邦国家統一企業・国立宇宙学術生産センター「ズヴェズダー・ストレラー」を母体にして開設。高度の効率のミサイルや操縦可能な爆弾、空中、地上、水中用の兵器複合体を生産する26の企業を内包している。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала