登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

1ヵ月後にロシアがノルウェーを占領する

© 写真 : Screenshot/YouTube/tv2underholdning1ヵ月後にロシアがノルウェーを占領する
1ヵ月後にロシアがノルウェーを占領する - Sputnik 日本
フォローする
ノルウェーのTVドラマシリーズ「Okkupert(占領された)」がスタートするまで、残すところちょうど1ヶ月となった。

4月、無謀なまでに高額な8000万クローネ(約841万2000ユーロ)という製作費用がかかるドラマの撮影が始まると報じられた。このドラマは、ロシアがノルウェーを占領するという挑発的な内容の物語で、騒動を巻き起こした。

ドラマがスタートする1ヶ月前に予告映像が公開された。この予告映像で、ドラマの出来具合を予測することが出来る。

ドラマの内容は次のようなものだ-近い将来ノルウェーでは「グリーン勢力」が政権に就き、石油やガスの生産が中止される。これによって欧州ではエネルギー危機が起こる。欧州のリーダーたちは懸念する。その時、ロシアがEUの依頼を受けてノルウェーを占領する。この筋が波乱にとんだドラマは、全10話、各45分で、日曜日の夜に放送される。

「Okkupert 」の監督エーリク・ショルビャルグ氏は、TV2に次のように語った-

「このドラマは、占領というものがノルウェー人にどのような影響を与えるかを描いている。そして、全ての人が直ちに蜂起する意思がないことが分かる」と語った。

ドラマの製作者たちは、ノルウェーがロシアに占領されるというアイデアは、著名な小説家ジョー・ネスボ氏のもので、現在「クリミアの出来事と関連して」、特にアクチュアルだという。

ノルウェーの専門家たちは、ドラマのスタートを前に、ロシア側からの激しい反応を待っている。しかしロシアは、スキャンダルは起こらない、と約束している。在ノルウェー・ロシア大使館広報担当のアンドレイ・クリコフ氏は、TV2宛ての電子書簡で、「製作者たちは、内容はフィクションであり、現実とは全く関係ないと強調しているが、ドラマでは現実に存在する国について語られており、残念ながら、ロシアは侵略者として登場している」と指摘した。

TV2が自社サイトに掲載したロシア大使館の書簡では、次のように述べれている-

「我々のヒステリーに期待しても仕方がない。それは私たちのスタイルではない。同時にもちろん、第二次世界大戦戦勝70周年の年に、ドラマの製作者たちが、まるでナチスの侵略者たちから北ノルウェー解放した時のソ連軍の英雄的貢献を忘れたかのように、冷戦の最悪の伝統において、ノルウェーの視聴者たちを東からの攻撃の脅威で軽く脅かすことを決めたのは、非常に残念だ」。
なお在ロシア・ノルウェー大使館は、ラジオ「スプートニク」ノルウェー語課に対し、ドラマ「Okkupert」は、創作の自由の産物以上のものではなく、何らかのまじめな作品としてみなすべきではないと伝えた。

一方で、「創作の自由の産物」の放送に先立ち、スカンジナビアの政治家たちは、ロシアがゴットランド島、ボーンホルム島、オーランド諸島、そしてノルウェー沿岸部を占領する恐れがあるとする声明を繰り返し表した。これを念頭に置いた場合、休日のプライムタイムに放送される新ドラマは、たわいないファンタジーではなくなるだろう。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала