登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

米元国務長官首席補佐官「ロシアがNATOを攻撃すると考えるいかなる根拠もない」

フォローする
米国のパウエル国務長官(ブッシュ政権)の首席補佐官を務めたローレンス・ウィルカーソン氏は「ロシアがNATO諸国に何らかの脅威を与えるなどと考える、いかなる根拠もない」との見方を示した。

F-22 Raptor - Sputnik 日本
米国のF-22戦闘機、欧州に到着
ウィルカーソン氏は「ロシアには、ラトビアやリトアニア、エストニアあるいはNATOの他の国々を攻撃するつもりはない。その事をロシア政府は再三にわたり述べている」と指摘した。

しかしその一方でウィルカーソン氏は「ある種の出来事あるいは無理解が、深刻な紛争をもたらす可能性がある」事に注意を促した。

さらにウィルカーソン氏は、欧州諸国及び米国、ロシアの指導者達に対し、緊張した状況を解決する外交手法を模索するよう求め「またもグローバルな紛争が起これば、それは世界全体にとってカタストロフィになる」と警告した。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала