登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

米国、2011年以降のGDP推計の粉飾を認める

フォローする
米当局はまたしても経済指標を修正していた。今回明らかになったのは、2011年から2014年の期間の米国の平均GDP成長率がこれまで発表されていた2.3%でなく2%であったということ。米国商務省経済分析局のレポートで明らかになった。

万里の長城 - Sputnik 日本
米国版万里の長城?次期大統領候補「カナダとの国境に壁を築く」
2011-2014年の期間の個別の発表はこれよりはるかに強く水増しされていた。特に2012年の第III四半期のGDP成長率は発表値の2.5%でなく、わずか0.5%だった。第 II・第III四半期の成長率は、新たな推計によると、それぞれ発表値の2.7%および4.5%ではなく、1.9%および3%だった。2013年全体の成長率は2.2%から1.5%に「痩せた」。

一部の専門家は既に、「この新しい数値は、公式には2009年6月に終了したことになっている2008年の金融危機および景気後退からの回復は低調で、成長率は1945年以来最も脆弱であるということを示している」と指摘している。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала