プーチン大統領 CISにおけるドル決済の拒否を提案

© Alexey Belikovプーチン大統領 CISにおけるドル決済の拒否を提案
プーチン大統領 CISにおけるドル決済の拒否を提案 - Sputnik 日本
ロシアのプーチン大統領は、独立国家共同体(CIS)でドル決済を拒否することを見込んだ法案をロシア下院(国家会議)に提出した。これは、ロシア、アルメニア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギス、タジキスタンやその他の国々との間で、単一金融市場を形成することを意味している。

ロシアのエコノミストら、ドルをやめて超国家通貨を導入するよう呼びかける - Sputnik 日本
ロシアのエコノミストら、ドルをやめて超国家通貨を導入するよう呼びかける
ロシア大統領府のサイトに発表された情報によると、「CIS加盟国の統一通貨市場形成分野における協力協定」の枠内で、中間通貨としてのドル建ておよびユーロ建て決済を拒否することを可能とするメカニズムが構築される。

ユーラシア経済連合の枠内では、各国がすでに自国通貨で決済する可能性について協議した。ロシア、ベラルーシ、アルメニア、カザフスタンの間でなされた合意によると、自国通貨(ルーブル、ベラルーシ・ルーブル、ドラム、テンゲ)のみによる相互決済は、2025-2030年代に始まる見込み。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала