日本の商社「丸紅」カムチャッカでのサケ・マス加工事業に関心

© Fotolia / Deyan Georgiev日本の商社「丸紅」カムチャッカでのサケ・マス加工事業に関心
日本の商社「丸紅」カムチャッカでのサケ・マス加工事業に関心 - Sputnik 日本
丸紅は、カムチャッカでのサケ・マス加工に関する協力事業に関心を抱いている。」ウラジオストクで開かれている東方経済フォーラムに参加した丸紅の三木 智之水産部 部長が述べた。

三木水産部長は「丸紅にとってロシアの天然資源は、最も魅力的だ」と指摘し「我々は、サケ・マス加工に関してロシア側と実りある協力をしたい」と発言した。

丸紅は、150年もの歴史を持った日本を代表する商社で、衣料・食料品から鋼鉄・化学材料まで、非常に幅広い商品を扱っている。また日本国内に30の支店、モスクワを含め世界79カ国に158のオフィスを構えている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала