露エネルギー相「2035年までにロシアは、アジア太平洋地域へのエネルギー輸出を3倍に増やす」

ロシアのアレクサンドル・ノヴァク・エネルギー相は、東方経済フォーラムで演説し、次のように述べたー

「ロシアのエネルギー政策を東方に向ける目的は、エネルギー輸出の多様化である。2035年までに、全輸出量におけるアジア太平洋地域向けの割合を、今の2,5倍から3倍に増やし、36から39%にする事が提案されている。

円 - Sputnik 日本
日本 ロシアに対しドルに代り円での決済を提案
こうした目的を達成するためには、東シベリア及び極東の原油の採掘量を今の11%から22%に、ガスの採量は6,5%から13%まで、2035年までにそれぞれ倍増させる必要がある。それ以外にも、石油やガスなど炭化水素資源の高度な加工処理を発展させ、シベリア及び極東石油化学クラスターをつくる事が求められている。

今日、ロシアのエネルギー政策の東方転換は、優先的意義を持っている。」

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала