「ノルド・ストリーム2」建設に関する合意書に調印

© Sputnik / Grigoriy Sisoev「ノルド・ストリーム-2」建設に関する合意書に調印
「ノルド・ストリーム-2」建設に関する合意書に調印 - Sputnik 日本
「ガスプロム」は、東方経済フォーラムの場で、ガスパイプライン「ノルド・ストリーム2」建設に取り組む共同プロジェクト企業の株主間契約に調印した。リア-ノーヴォスチ通信が伝えた。

署名したある組織のトップマネージャーは、取材に対し、次のように述べたー

「株主間契約に署名がなされた。『ガスプロム』以外に、Shell, OMV(オーストリアに本拠をおく石油関連事業の多国籍企業), E.ON(ドイツ・デュッセルドルフに本社を置き電力・ガスなどを供給するヨーロッパ有数の大手エネルギー会社)が署名した。またBASF/Wintershall やEngie.といった企業も加わった。

石油 - Sputnik 日本
露エネルギー相「2035年までにロシアは、アジア太平洋地域へのエネルギー輸出を3倍に増やす」
プロジェクトにおけるShell, OMV, E.O N そして BASF/Wintershall4社の分担分はそれぞれ10%、Engieは9%で、『ガスプロム』は51%を引き受ける。」

「ガスプロム」とE.ONはすでに、この問題及びエネルギー領域における今後の協力の見通しについて話し合った。

「ガスプロム」のプレスリリースの中では「ロシア産ガスのドイツ及び欧州全体の消費者への供給をより効果的にすることに、特別に注意が割かれた」と述べられている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала