米飛行士、ソユーズTMA-16MとISSのドッキング映像を公開 (動画)

米国人宇宙飛行士スコット・ケリー氏がソユーズTMA-16MとISSのドッキングを映した映像を発表した。YouTubeのケリー氏のページで公開された。

宇宙船は今年3月、モジュール「ポイスク」にドッキングし、のちモジュール「ズヴェズダ」に移された。9月4日にISSに到着し、セルゲイ・ヴォルコフ(ロシア)、アイダン・アイムベトフ(カザフスタン)、アンドレアス・モゲンセン(デンマーク)の3飛行士をISSに届けるソユーズTMA-18Mに場所を譲るためだ。

ISS - Sputnik 日本
2017年11月のISS滞在クルーに日本の金井宣茂さんが選ばれる
オペレーションにはケリー氏のほかにロシアのゲンナージイ・パダルカおよびミハイル・コルニエンコの両飛行士も参加した。ドッキングは20分かかったという。ケリー氏はコルニエンコ氏と一緒にソユーズTMA-18Mに乗って来年3月地球に帰還する。パダルカ氏は少し早く、今年9月12日に帰還する。
現在ISSには9人が搭乗し、2年ぶりの大所帯になっている。上に挙げた面々のほかには日本の油井亀美也、米国のチェル・リンドグレンの両飛行士が搭乗している。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала