ハンガリーのTV職員、シリア移民を足蹴りで解雇

© REUTERS / Marko DjuricaハンガリーのTV職員、シリア移民を足蹴りで解雇
ハンガリーのTV職員、シリア移民を足蹴りで解雇 - Sputnik 日本
ハンガリーのN1テレビ局は、ハンガリー南部レスケのシリア人移民キャンプから脱走し、警察の追跡から逃れようとしていた移民の足をすくったとして、女性カメラマンのペトラ・ラズロ氏を解雇した。ラズロ氏が移民を転ばせた様子を捉えた映像はドイツ人記者ステファン・リヒター氏が自身のツィッターに載せたことから世論に大きな反響を呼んだ。

ハンガリー特務部隊 難民の中に2人のテロリストを発見 - Sputnik 日本
ハンガリー特務部隊 難民の中に2人のテロリストを発見
ビデオでは、ラズロ氏は警察の追跡をのがれ、子どもを抱えて走るシリア移民の足をすくって転ばせている。またほかのビデオでは、ラズロ氏は自分の脇を走り抜けた子どもを膝で蹴りあげる様子が映し出された。

「レスカ・キャンプでのテレビ局員の行動は受け入れがたい。我々はすでにこのカメラマンとの労働契約を打ち切っており、この事件とは何の関係もない。」リアノーボスチ通信がN1テレビの声明を引用して報じた。
レスカの移民キャンプはハンガリーとセルビアとの国境付近にある。キャンプはこの1年、アフリカ、中東からの移民にとっては一種の積み替え基地に様変わりしている。このキャンプ付近に昨日1日だけでもおよそ3000人の移民が押し寄せた。その大半は警察に出頭したが、一部はその先の西欧を目指し、身を隠そうとした。警察の追跡を逃れようとした移民はルートM5沿いにハンガリーの首都ブダペストをめざし、15キロほど進んでいたが、地元警察の説得に合い、キャンプに戻ることに承諾している。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала