アラブ諸国移民、セルフィーで西側の美の基準に挑戦状

© Fotolia / Djedzuraアラブ諸国移民、セルフィーで西側の美の基準に挑戦状
アラブ諸国移民、セルフィーで西側の美の基準に挑戦状 - Sputnik 日本
移民危機で西側世界はアラブ諸国出身者と密接に関わらざるを得なくなっている。そんななか、中東および北アフリカ出身のソーシャルネットユーザーは、自分たちの外見は西側の美の標準には当てはまらないものの、自分たちもまた魅力的なのだというところを見せようと決意した。

ハッシュタグ #TheHabibatiTag を考案したのはツィッターのユーザーのサラさん。ニックネームは@saradmahmoud。このサラさんに女友達が加わり、その後、波はグローバルに拡大した。自らのエスニックの独自の美の誇りを表現したいというのがもともとのアイデア。フラッシュモブに参加した多くは自分の国ではなく、西側諸国に暮らしている。

サラさんは、幼い頃、10代の頃、自分を美しいとは思えなかったのは、グラビア誌を開いても、自分とは全く異なる容貌の女性しか載っていなかったからだと語っている。フラッシュモブ#TheHabibatiTag は同じようなコンプレックスをもつ女性たちに勇気を与えるものだ。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала