日本の研究グループ、世界最短波長の原子準位レーザーの開発に成功

© Sputnik / Yuri Streletc日本の研究グループ、世界最短波長の原子準位レーザーの開発に成功
日本の研究グループ、世界最短波長の原子準位レーザーの開発に成功 - Sputnik 日本
わずか1.5オングストロームという世界最短波長の原子準位レーザーの開発に日本の研究者グループが成功した。ウラジオストクの「デイタ」通信がSvopi.ruからの情報を引用して報じた。

テレビ - Sputnik 日本
世界初の8K-TVは1600万円、ただし見るべきコンテンツがまだ無い
開発に成功したのは東大工学部の研究グループ。こうした開発は世界でも類がない。原子準位レーザーは分子レベルまで詳細を極めることができるため、これを用いれば量子光学上、非常に高精度で正確なレントゲン写真を得る可能性が生まれる。

研究者らは原子準位レーザーは医療目的および物理の粒子実験にも用いることができると指摘している。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала