首脳会談を前に「黒雲を払う」中国と米国

© AP Photo / Greg Baker首脳会談を前に「黒雲を払う」中国と米国
首脳会談を前に「黒雲を払う」中国と米国 - Sputnik 日本
米政府は、習近平国家主席とバラク・オバマ大統領の会談を前に「怒りを好意」に置き換えた。新聞「ニューヨーク・タイムス」の報道によれば、米中双方は、サイバー安全保障に関する合意の準備に早急に取り組んでいる。

合意は、23日から25日にかけて行われる米中首脳会談の枠内で調印される可能性がある。習主席の訪米を前に、米国は中国側に、賄賂行為で悪名高い人物で15年前に米国に出国、事実上逃亡した元企業幹部、ヤン・ツィンツュン(楊進軍)氏を引き渡した。この人物は、中国では公的資金の横領と賄賂行為の容疑者とされている。これまで米国は、こうした人物の強制送還を断固拒否してきた。

上海 - Sputnik 日本
中国市場、シルクロード諸国向けプラットフォームを2ヶ月でオープンさせる
習近平国家主席の訪問前に、米国は、中国人ハッカーのコンピューター犯罪に対し制裁を加える事で、中国を罰する考えだった。オバマ大統領は、中国人ハッカーらの行為を、米国に対する侵略に他ならないとまで呼んでいる。中国側は、ハッカーとの関係を強く否定しているが、米政府は、潜在的にサイバー攻撃から利益を得ることができるような中国の会社を、まず罰する意向だった。

だが、制裁は行われないだろう。その代りに、サイバー安全保障に関する合意が調印されるというわけだ。これが結ばれれば、双方は、平和時のサイバー空間で互いを攻撃してはならない義務を負う。発電所、病院、電話ネットワークなど、サイバー攻撃の枠外に置かれる極めて重要な対象が確認される。

ラジオ・スプートニク記者は、上海の復旦(フダン)大学付属米国研究センターのエキスパート、ワン・シャオフェン(汪晓风):氏に、マイクを向け意見を聞いた-

「国家元首の相互訪問は、中国と米国双方にとって極めて重要な意義がある。米中両国は、偉大で影響力を持った大国であり、両国が合意を達成すれば、それは米中のみならず、世界共同体全体にとって有益となるだろう。

私は、サイバー攻撃から米国が被っている損失は、マスコミが書き立てるほど大きくはないと考えている。しかしこの問題は、世論の大きな注意を呼ぶ。習主席とオバマ大統領は、原則的性格を持つ一連の諸問題を必ず話し合うだろう。米国行政府も、これから行われる交渉が実り多きものになるよう望んでいると思う。もしそうなら、サイバースパイ問題は解決されるだろうし、双方は、習主席の訪問後、一定の合意に向けて前進するに違いない。」

なお新聞「ニューヨーク・タイムス」によれば、合意は、国家機関や商業施設に対する、産業スパイを目的とした攻撃には触れないだろうという事だ。米国の主張によれば、それらは、中国領内から侵入するものの大部分を占める。別の言い方をすれば、これは、二国間関係の中心的問題であり、トップによる交渉つまり、オバマ・習会談でのみ取り上げられるものだからだ。

オバマ・習会談が、両国間の「サイバー戦争」の熱を冷ます極めて多岐な予防的意味を持つだろうことは、言うまでもない。しかし米国に対するもの、米国領内から中国に対するものも含め、大部分のサイバー攻撃に対し、何らかの保護が保障されるのかどうか、それは分からない。

日本の自衛隊の権限拡大は現代の潮流に反する―中国外務省 - Sputnik 日本
日本の自衛隊の権限拡大は現代の潮流に反する―中国外務省
サイバー空間における攻撃の禁止についての合意は、早急に準備が続けられている。こうした交渉開始のもとができたのは、中国共産党中央委員会政治ビューローのメンバーで、中国共産党中央政治法制委員会の孟建柱(メン・ツャンジュ)書記が特使として米国を先に訪問したからだ。まさにこの訪問が終わった後、米国政府は、サイバー攻撃を理由に中国に制裁を課すのを、今のところは止めたのだ。

まさに孟書記との間で、米国側は、将来の合意の枠組みについて合意ができたのだろう。これは、ハイレベルでの妥協だ。その中で米国の主な懸念について何も述べられていないならば、すなわち、いつでも中国に対する制裁導入が可能だ。4月に米国防総省が発表したサイバー攻撃に軍事的に反撃する新しい戦略に基づいて、それは行われるだろう。その戦略文書の中では、中国は、まさに米国のバーチャル空間での敵と呼ばれている。

一方、将来的に合意が、国家的、産業上の秘密を盗み出す目的での攻撃に言及しないならば、中国に対する非難も宙に浮く事になる。つまり、この問題がやはり存在し、米中関係をかなり暗くしている事実を認めることになるということだ。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала