ロシア国連大使、シリア問題の元凶はアサド政権との協力を望まないこと

© AP Photo / Seth Wenigロシア国連大使、シリア問題の元凶はアサド政権との協力を望まないこと
ロシア国連大使、シリア問題の元凶はアサド政権との協力を望まないこと - Sputnik 日本
ロシアのヴィターリ・チュルキン国連大使はロシアがシリアのアサド政権に行う支援は「イスラム国(IS)」のテロリスト対策に功を奏しているとの確信を表した。チュルキン大使はRTテレビからのインタビューに対して、こう語っている。

ケリー米国務長官が「シリアにあるロシア軍用機はおそらく防衛用に使用」 - Sputnik 日本
ケリー米国務長官が「シリアにあるロシア軍用機はおそらく防衛用に使用」
チュルキン大使はシリアにロシア軍が駐屯との報道に関して語った中で、「シリアに攻撃を行ったとしてロシアを責める者は誰もいない。我々はシリアと合意して行動している。これは秘密でもなんでもないが、現地にはロシアの軍人がおり、シリア軍人に対してロシアから供給された兵器の使い方を指導している。我々はこれがより効果の高いIS対策のための国際協力の拡大につながると期待している」と指摘した。

「IS対策を集団で行う必要性について、誰かを納得させる必要性は無いと思う。問題はただ、どういった条件で行うかだけのことだ。我々を困難にさせているのは、米国とその同盟国らが国連安保理の委任状を超えて行動しようと決め、シリア領内へ空爆を行う許可さえたずねなかったことだ。西側のパートナーらはシリア政権、シリア政府とはどんな形式でも協力は不可能と思い込んでいる。これは当然ながら問題を生んでいるのだ。」

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала