NYタイムズ オバマ大統領は、国連総会の場でプーチン大統領と会談する必要があると考えている

© Sputnik / Aleksei NikolskiyПрезидент США Барак Обама и президент России Владимир Путин
Президент США Барак Обама и президент России Владимир Путин - Sputnik 日本
NYタイムズが消息筋の話として伝えたところによると、オバマ米大統領は当初、ロシアのプーチン大統領との会談に反対していたが、最終的に、プーチン大統領との会談は必要だとの結論に達した。オバマ大統領は、プーチン大統領とウクライナ東部およびシリア情勢について協議する意向だという。

伝えられたところによると、露米首脳会談は28日あるいは29日に行われる可能性があるが、今のところ双方は、両首脳にとって都合の良い時間をみつけることができずにいる。

米大統領府は会談の可能性について一切コメント表していないが、ニューヨーク・タイムズの消息筋によると、米大統領府は、会談を実施する方向に傾いているという。

先にロシアのマスコミは、プーチン大統領とオバマ大統領が9月末の国連総会の舞台裏で会談する可能性があると報じた。一方で、ロシアのペスコフ大統領報道官は、まだ合意の事実を確認することはできない、と発表した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала