原油価格 日本のインフレ統計発表後やや変化

金曜朝、日本のインフレ統計が発表されたことを受けて、様々な方向でやや変化した。取引上のデータがそれを裏付けている。

モスクワ時間07時38分の状況では、11月先物取引の北海ブレント原油価格は、0,04%下がり、1バレル48,31ドルとなった。一方北米指標であるWTI原油の11月先物価格は、0,4%上がり、1バレル45,09ドルだった。

9月の日本のインフレ率は0,2%で、分析専門家らの予想を超えた。一方消費者物価の基本指数は、食料品やエネルギー価格を除き、前年同期に比べ0,1%下がった。昨年9月は、0%だった。

 

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала