豪州、Facebookでの友だち削除を違法行為と認定

© 写真 : PixabayFacebook
Facebook - Sputnik 日本
豪州の裁判所は、Facebookにおける友だちの削除はいじめにあたる、との判決を下した。豪州女性レイチェル・ロバーツ氏の始めた裁判で、このような決定が出た。原告の女性は、同僚のリザ・バード氏にSNS上で友だち指定を解除されたことを不服とし、裁判所に訴えた。

ロバーツ氏は同僚の行為により不安な心境になり、抑鬱状態になったという。バード氏はそれにとどまらず、ロバーツ氏に対し複数の心無いコメントを書いたという。

Facebook - Sputnik 日本
こんどはFacebookがおかしくなっちゃった
ABCの報道によれば、この事件が起きたのは1月のこと。女性2人は職場で口論となり、ロバーツ氏によれば、その日彼女は泣きながら退社した。そのあとでFacebookを覗いてみた。相手がけんかについて何か書いているかと、確認しようとしたのだ。しかし彼女は、予期した情報をそこに見出すかわりに、同僚が友だちリストから自分の名前を削除していることを発見したのだった。

豪州労働関係コミッションによれば、バード氏が同僚を友だちリストから削除したことには根拠があり、一方で、ロバーツ氏がいじめにあったことも確かな事だという。ただ、法律家らによれば、Facebookにおける友情の破綻は何か付加的な事情があった場合にはじめていじめと判断される、と主張している。つまり、友だち指定の解除そのものが違法行為の主要な兆候となったわけではないのだ。

コミッションによれば、ロバーツ氏は2年間にわたり職場で嫌がらせを受けていた。それが彼女の健康を害していた。この間彼女と同僚の間には、数多くの事件が持ち上がった。バード氏のSNS上での行為は「敵対的行為」のほんの一例でしかなかったのだ。ロバーツ氏自身が語っている。迫害者は常日頃から他ならぬ自分だけをつけ狙っていたのであり、他のスタッフとはむしろ良好に関係していた、と。バード氏が何らかの罰を科せられるかどうかは報道されていない。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала